データ分析とインテリジェンス

移転しました。今後こちらのサイトは更新しません。移転先→新ブログ

データ分析する際に注意すべきこと

■良いデータ分析をするための心構えについて

データ分析を行うに当たり、データサイエンティスト・データアナリストに限らず、経営者から現場のマーケターや営業まで全ての人が注意すべきことについてまとめた。

なお、今回は一流のアナリストとは(前編)および一流のアナリストとは(後編)を基に加筆修正を行っている。

■1.データ分析は無視されるものであると覚悟する

自分で分析して自分で実行する場合を除けば、データ分析の結果は誰かに報告することになるのだが、どんなに素晴らしい分析や提案を作りだしたところで、無理されてしまえばそれで終わりである。しかし、家臣や部下の提言を受け入れて成功した例よりも、無視して失敗した君主や経営者の例の方が古今東西はるかに多い。残念ながらビジネスでも同様である。つまり、データ分析とはそもそも無視されるものである。

もしも提言がいつも受け入れられ、喝采を浴びることを夢見ているならば今すぐに考えを改めるべきだ。そのような時代は永遠にやってくることはない。

■2.冷静な目を持つ。客観性を失った分析に価値はない

人は都合の良い情報を好むからといって、結果を捻じ曲げて上司やクライアントの望む分析結果を自ら進んで提出するべきではない。それは分析ではなく また、自らが望む方向へ意思決定者を導こうとして分析の結果をを捻じ曲げることも同様に行ってはいけない。自分を徹底的に排除することは、分析する上での大切な能力である。

■3.直言することを恐れない

君主に直言して命まで失った例は情報が無視される例に並んで数多い。しかし現代のビジネスにおいてはせいぜい異動になるか悪くてもクビになるぐらいで命まで取られることはない。命を賭して直言してきた人に比べれば遥かに安全で恵まれた環境で、罰を恐れて口を閉ざす必要もないだろう。

■4.知らないことを知らないという

馬鹿とか無知とか思われたくないという理由で、あるいは自分を有能に見せたいがために知らないことをあたかも知っているようなふりをする人も多いが、見る人が見ればすぐにばれるものだ。だからこそ、その場を誤魔化すのではなく知らないことは知らないと言える知的正直さを持ちたい。ただし知らないと言うだけではなく、「今は知らなくても、これから学ぶ」ことが重要である。

■5.時期を逃した分析は無意味になる

どんなに正確な分析ができたところで、事が起きた後では無意味になる。特に良くない話は何を差し置いてでもすぐに伝えるべきだ。ましてや数字をいじって都合よく捻じ曲げるために時間を引き延ばすなど、論外である。

■6.事実と推測の区別を明確にする

自分が真実であると考える事柄を、客観的な事実であるように報告することは戒めねばいけない。あくまでも事実は事実、推測は推測であり、その区別が明確でわかりやすいようにしておかないと、意思決定者を混乱に陥れる。

■7.長期的・大局的な視野を持つ

目先のことだけではなく数か月後・数年後に社会や業界がどのように変化するか、変化による自社への影響はどうか、対策としてどのようなことが考えられるかなど、いち早く警告を上げることが大事な使命である。

呻吟語に言う「寛厚深沈、遠識兼照、福を無形に造なし、禍を未然に消し、智名勇功無くして、天下陰に其の賜を受く」は幹部を目指すのであれば心得ておくべし。

■8.必要な情報が全て揃うことはないことを知る

全てのデータが揃うなどということはない。分析する際には、その足りない部分を自分の知識と経験を総動員して埋めなければならない。それはサイエンスとアートの両方を必要とする。どちらが欠けても”正しい”答えには届かない。

■9.一生勉強は続く

国際情勢、社会の変化、最先端の技術や理論の知識、ライバルの動向、など学ばなければいけないことは数限りない。言うまでもなく、自社の人々やサービスにはもっと詳しくなければならない。世界を見通す目を持ち続けたければ、一生勉強を続けるということである。

■自戒を込めて

改めて読み直してみたが、言うは易しで自分がどこまで実践できているのかと言われたらはなはだ怪しいが、とにかくも理想を掲げてみた。あくまでも心構えなのでこれだけで分析できるわけではないが、これらが無ければ良い分析にはならない。ただし、良い分析が必ずしも評価されたり稼げたりするわけではないのが悲しいところではあるのだが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:分析 データサイエンティスト データアナリスト


最新のブログ記事5件

大学や独学でデータ分析の勉強をしただけだと実務で使えない理由
「データ分析をする人」とは何をする人のことを指しているのか
定期レポートを効率化する
最悪のデータ分析組織とは
「何を知りたいのか」がわからなければデータ分析は始まらない

ブログトップ > データ分析する際に注意すべきこと