データ分析とインテリジェンス

目的無きデータ分析は無駄である

■データを見ることで目的など生まれない

何かいいことが見つかるかもしれないからと何の目的も無しにデータを見るのは時間の無駄である。データを見て何ができるかを考えるべきではない。最終的に様々な事情で今あるデータのみを使って考えざるを得なくなる場合は多々あるとしても、最初から可能性を限る必要はない。

データ分析は意思決定のために行われる。その意思決定は何等かの目的があるからこそである。目的が無ければどんなに数字をいじくりまわしたところで「それで?」で終わるだけになる。それは時間の無駄としか表現のしようがない。

■まず目的ありき。そして必要だったらデータ分析をする。逆ではない。

データ分析は手段である。目的を果たすために必要であるから行うのであり、データ分析を目的にしてはいけない。例えば中小企業が売り上げを上げたいと考えているならばとりあえずデータを見るのではなく、先に営業やマーケティングに時間と金をかけた方が良い場合もあるだろう。

データ分析に力を入れるか、営業やマーケティングに力を入れるかを決めるためであればすでに「データ分析に力を入れるか、営業やマーケティングに力を入れるか」という意思決定をするという目的のためのデータ分析である。

■データから見えるものだけしか見えなくなるのは非常に危険

まず今あるデータありきで考えるということは、手元にあるデータで見えることしか視界に入らないということである。目的が先であれば、解決のために必要なデータは何で、足りないデータと今あるデータを考え、どこまで取得するかを決めるという流れになるが、データありきの場合はこの過程を一切無視することになる。売り上げが落ちている原因が経営者への不信感による士気の低下であるならば、アクセス解析ツールでいくら数字を見たところで解決するわけはない。データありきだとこういうことが往々にして起こる。

■目的なしに集めたデータは単なる雑学に過ぎない。

面白いデータ分析の記事が自分の仕事にどれだけ役に立っているか考えてみればよい。手法が何かに使えそうだと感じるのは、問題意識がある時だけである。何の問題意識も無しに読んだ面白い記事は、それだけで終わる。目的無しにデータを集めて、いじくり回して出て来るのはこの「面白いけれども何の役にも経たない」結果だけである。雑学を否定するわけではないが、やるべきことは他にいくらでもあるのではないだろうか。

■なんとなく仕事をした気にはなれるが、何も生み出さない

数字をいじくり回すのは楽しいので、気が付くとあっという間に時間が過ぎる。何かがわかった気にはなれるが、後には何も残らない。よほど意識していないとすぐこの状態に陥ることになるが、ためしにここ数日の間でデータを見ていた時間のことを思い出してみればいい。なんとなく数字を見て、今何か変わったことがあるだろうか?

■「とりあえずデータを集める」ことで得をするのはツールベンダーぐらい

道具は目的を果たすために必要なら買えば良い。道具を先に買ってから何かいいことがあるかもなどと考えるのは順番がおかしい。すでにあるデータを見るならば失うのは時間だけであるが、もしとりあえずデータを集めるのにコストがかかるならば、さらに金を失う。しかもコストに見合っただけのリターンを得られることはまず無いだろう。

■目的なしにデータ分析をするのはほとんど無駄

確かに、いろいろ数字をいじくり回したり、その数値について話をすることで新しい見方がでてきたりすることはある。文章と同じでまず手をつけてみてそれから考えるという面もなくはない。しかしそれはあくまでもある程度知りたいことの方向性が決まっているという前提が必須であり、その場合であっても効率は非常に悪い。ましてや何も考えずに数字を見たら課題がわかるなどというのは幻想である。

思いつくことはやりつくして新しいことを考える、考えが煮詰まって別のアプローチを探す、仕事に集中できないのでなんとなくぼーっと見るなど特殊な場合を除けば、目的無しに数字を見るというのはデータ分析の中でも最悪の手段であろう。

事前に様々な知識を身に着けておくことが必要なのも同意するが、目的意識が無く読んだ知識と、問題を前に悪戦苦闘しながら身に付く知識ではまったく違うのは誰もが経験していることであり、できる限り経験を通して身に着けるべきだし、今考えようとしているのがごく基礎的な情報であるとしたら、それは基礎的な情報が共有されないというまた別の問題である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:分析 データ分析プロセス


最新のブログ記事5件

「人工知能でいい感じの成果を出してくれ」にどう向き合うか
すごい人工知能が開発されたら起きる未来について
csvファイルの扱い方
仕事を早くすることのメリットについて
データ分析実務におけるチェックリスト

ブログトップ > 目的無きデータ分析は無駄である