データ分析とインテリジェンス

タグ「データ分析について考えたことのまとめ」 の検索結果

定期レポートを効率化する

どこの企業でも多かれ少なかれ存在する定期レポートだが、作るのが面倒なわりには実は誰も読んでいなかったり、作り方が悪くて毎回膨大な時間がとられてしまったりと、放置していると結構ひどいめに合うこともしばしば起きる。誰かに任せるから自分には関係ないと思っているならばそれは勘違いで、その分その誰かの時間が無駄なレポートに費やされる。自ら効率化を提案してきたり、ましてや自力なんとかしようなどという人はごくまれである以上、気がついた人がなんとかするしかない。

>>>続きを読む

「何を知りたいのか」がわからなければデータ分析は始まらない

データ分析プロセスの始まりは、何を差し置いても意思決定者が「何を知りたいのか」を決めることだ。目的なく分析を初めようとしたところでうまくいくことはまずないし、たとえうまくいったとしてもそれは偶然にすぎない。

>>>続きを読む

データ分析で業務委託を使う・外注する方法

データ分析は内製化するべきではあるが、さまざまな事情により外注を使うを使うことは当然ありえる。しかし、金さえ払えばあとは自分の望むように勝手にやってくれるわけもなく、動かす側の力量次第でどのような役割を担ってもらうかは大きく変わる。

>>>続きを読む

データ分析について考えたことのまとめ

○データ分析プロセスについて

>>>続きを読む

手戻りをなくして時間を作る

速さは正義だ。しかし、どんなに頑張ったところでキーボードを打つ速さが10倍にはならない。システム化による効率化という方法もあるが、これには投資が必要であるしできるまでに時間がかかる。

>>>続きを読む

データ分析は内製化するべき5つの理由

データ分析に限らずだが、外に任せるということはそのノウハウが残らず人が育たない。高コストな上に常駐しても社員より長期の定着がしづらい外注を使い続けるぐらいならば、人を探すか育てる方が良い。あまり外注に頼ることが常態化すると変えようとしても変えられず、人件費がかさむ上に社員が育たずさらに外注に依存する悪循環に陥る。

>>>続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加