データ分析とインテリジェンス

タグ「人工知能」 の検索結果

シリコンバレー発 アルゴリズム革命の衝撃

実態のよくわからない「人工知能」に仕事が奪われるなどと無責任に煽ったり、「ビックデータ」のような定義が至極あいまいな言葉で煙に巻いてシステムを売り込むための宣伝文は数多いが、本書はそれらとは大きく違う立場をとっているということは次の1文でわかる。

ではその現象とは何か。著者は「アルゴリズム革命」であるという。すなわち

>>>続きを読む

人工知能が金融を支配する日

1ページ目の「近年急速に発展している人工知能の技術は機械が自分自身で学習するというものです。」にずっこける。それが実現できていたら金融どころの騒ぎではない気が。

もしかしたら違う意味で言っていたり読み間違えているのかもしれないけれども読む気がうせたので今後評判がよさそうならまた改めよう。

>>>続きを読む

文系でもわかる人工知能ビジネス

10分ぐらいで読むをやめたのだが、ともかくも第1章のダイジェストはこうである。物語仕立てにはなっているが必要な部分だけ抜き出す。

と開始4ページでこんな調子である。ついでにいうと、

>>>続きを読む

すごい人工知能が開発されたら起きる未来について

20XX年、ついに人間の思考能力を遥かに超える人工知能を作り出すことに成功した。それは世の中に存在するあらゆるデータを自動で取得、分析して答えを導きだすという。早速とある企業の社長は人工知能に問いかける。

>>>続きを読む

人工知能がバズワードで終わる理由と機会を生かせない分析業界について

このままいけば、人工知能は一時的なブームとなり、人工知能ブームを総括する(2018年頃用)に書いたように2・3年もすれば忘れ去られるだろう。バズワードで終わるには理由がある。これはメディアが無理やり流行らせようとしているだけということが最大の原因だろうが、せっかくの盛り上がりを活かせない業界側にも考えるべき点はあるのでは、ということでこの記事を書いた。

>>>続きを読む

人工知能の発展で消える仕事について

(多分システムを売りたい人の声の大きさのおかげで)人工知能の話題が盛り上がっている。世界を破壊するかどうかはともかくとして、仕事が消えることをことさらに煽っている感も見受けられる。その方がインパクトがあって読まれるからなのは理解できるが、中身がともなっていないことも多く、読み終わってから「それで?」となることも多い。

>>>続きを読む

「バズワードの栄枯盛衰モデル」を具体化してみる

バズワードの栄枯盛衰モデルというのを考えたが、モデルだけではよくわからないので、具体的にいくつかのキーワードについてこのモデルを当てはめてみる。なお、学術的調査を行っているわけではないので目下のところは独断と偏見に基づく。

>>>続きを読む

人工知能ブームを総括する(2018年頃用)

人口知能いう言葉がよく聞かれるようになってそろそろ3年になるが、いまだに定義は確立されず、何をする人なのかもよくわからないまま、すでにブームはピークを過ぎ、このまま遠からず消え去っていくだろうという状態になっている。いったいなぜこのようなことになったのか、自分なりに総括してみる。

>>>続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加