データ分析とインテリジェンス

「洞察力」があらゆる問題を解決する

■読書メモ

分析結果からそれはなぜなのか、これからどうなっていくのかを見極める洞察力は分析における主なテーマなので非常に興味がある。ところが情報収集や分析手法についての書籍はたくさんあるものの、その先の肝心な洞察については触れられないことがほとんどであるなかでまさに「洞察力」をテーマとして掲げており大いに期待して読み始めてはみたものの、前置きが長くなかなか本題に入らない。

飛ばしてつまみ食いしようとしたけれども、それでもどこを読めばいいかよくわからない。欧米人はあらゆることを網羅しようとして冗長なことが多いがこれは悪いところが出てしまった例だろうか。探す気も起きないので保留。

このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:書籍 分析


最新の書籍5件

バルチック艦隊ヲ捕捉セヨ - 海軍情報部の日露戦争
ゼロから作るDeep Learning Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装
敗北の理由 日本軍エリートはなぜ迷走したのか
DeNAのサイバーセキュリティ Mobageを守った男の戦いの記録
情報の捨て方-企業情報のための情報

ブログトップ > 「洞察力」があらゆる問題を解決する